企業から借りたお金を返済することができなくなったときにできる選択肢が、任意整理と自己破産です。 他にも個人再生や特定調停を選択する場合もありますが、多くの人は任意整理もしくは自己破産を選びます。

任意整理とは?

任意整理とは、裁判所を利用することなく双方の話し合いを行い、借金を分割で支払うように分割をして貰うことをいいます。話し合いをすることで、これから増える可能性があった利息をカットしながらの支払いが可能です。そのため借金自体の減額をすることは出来ませんが、利息などを減らすことができます。

過払い金がある場合は返済をして貰うことができますが、過払い金がない場合は返済をして貰うことはできず、現状の借金自体を減らすことはできません。

任意整理を行うには弁護士や司法書士に依頼をする必要があります。事故情報に関しても今後5年間は残ることになりますが、自分に無理のない範囲で借金を返済していく計画を立てることができるので、多くの方に選ばれている方法です。 収入はあっても現状では支払っていくことが難しい場合には良い方法でしょう。

自己破産とは?

自己破産は、自分の持っている20万円以上の資産価値のあるものと引き換えに借金を帳消しにするという方法です。20万円以上、ということで持ち家や車、貯蓄なども全て奪われてしまいます。しかしその分借金をなくしてもらうことができるので、借金の減額としては一番良い方法でしょう。とても支払うことができないほどの借金を抱えてしまった方にはおすすめの方法です。

自己破産をすることで過払い金があった場合も返済をして貰えます。 また、自己破産は一人でもやろうと思えばできることです。ただし沢山の専門知識が必要となるため、専門家に依頼をして自己破産を行う人がほとんどです。

自己破産をすると事故情報が5年から10年ほど残ります。そして任意整理の中でも失うものが特に多いです。そのため自己破産を行うときは本当にどうしようもないとき、何をどうやっても借金を返済することができなくなった時なので、慎重に行いましょう。

自己破産や任意整理は、どちらも事故情報にはっきりと記載されてしまいます。そのため5年以上はクレジットカードも作れない状態になってしまうでしょう。しかし数年我慢をするとまたクレジットカードを作ったりカードローンの利用ができるようになります。失敗は繰り返さないように慎重に行いましょう。 ちゃんと収入を得ているのになかなか審査に通らないというのであれば、過去にそういった経験がなかったかを考えてみて下さい。